大阪梅田地下街・堂島地下センターC-60出口すぐ

  • 0120-656-668
  • 海外からのお問い合わせ06-6136-6990

【診療時間】11:00~20:00
休診日:水曜日・木曜日
土日祝も休まず診察しております

  • TOP
  • 施術一覧
  • お悩み別施術一覧
  • 料金一覧
  • 治療の流れ
  • 当院ご案内
  • アクセス
  • お電話で予約・お問い合わせ
  • メール予約
  • メールでお問い合わせ
老人性色素斑

30〜40代以降にできる濃い褐色の境界明瞭なシミ。ソバカス状の小さなものや大きな丸いものも。 主に紫外線による光老化が原因で、過去に紫外線を多く浴びてきた人はできやすい傾向にあります。

雀卵斑

遺伝的な要素が大きい比較的浅いシミです。小さな茶色いシミが鼻を中心に左右の頬に対称に現れます。顔だけでなく、手や背中、肩、デコルテにもできることがあります。

肝 斑

30〜40歳以上の女性に多く見られ、主に両頬や口周り、鼻の下に左右対称に比較的広範囲に現れます。妊娠や婦人科疾患などホルモンバランスが大きく影響しているといわれます。

《 主な治療法 》 ピコレーザートーニング レーザートーニング エレクトロポレーション 内服薬(ビタミンC・トラネキサム酸・L-システイン)
ADM

皮膚の深い層(真皮)にでき、大人になってから頬に左右対称に現れるため、肝斑と間違いやすく診断の難しいシミです。
肝斑、雀卵斑、老人性色素斑などの他の種類のシミを併発している場合が多いです。

炎症後色素沈着

強い刺激を受けると皮膚に炎症が生じ、表皮のメラノサイトが活性化されて、通常より多くのメラニンが作られるようになります。周辺皮膚よりも茶褐色調が強くなった状態です。

《 主な治療法 》 外用薬(ハイドロキノン・レチノイン酸) ピコレーザートーニング レーザートーニング エレクトロポレーション 内服薬(ビタミンC・トラネキサム酸・L-システイン)
くすみ

くすみには、メラニンくすみ、血行不良によるくすみ、糖化によるくすみ、乾燥によるくすみがあります。
肌本来の透明感や明るさ、うるおいやキメの細かさが失われ、顔色が悪く見える、疲れて見えてしまいます。

《 主な治療法 》 フォトブライト(BBL) ピコレーザートーニング レーザートーニング エレクトロポレーション 内服薬(ビタミンC・トラネキサム酸・L-システイン)
シミができるメカニズム シミができる原因 シミの治療メニュー

 

 

①紫外線を浴びてメラニンができる

紫外線を浴びると、表皮の基底層にあるメラノサイトに信号が送られ、メラノサイトが活性化して黒色メラニン色素が生成されます。

②ターンオーバーにより、メラニンを排出

表皮の最下層にある表皮細胞は、ターンオーバーによって皮膚表面に押し上げられ、垢となって剥がれ落ちていきます。

 

黒色メラニンは毎日メラノサイトで生成されますが、ターンオーバーによって排出されます。健康な肌では黒色メラニンの生成と排出のバランスが保たれています。

③大量のメラニンが沈着してシミに

ところが、紫外線を浴び過ぎたり、ターンオーバーのサイクルが乱れたりすると、黒色メラニンの生成と排出のバランスが崩れ、大量の黒色メラニンが皮膚に留まってしまいます。この過剰に蓄積された黒色メラニンが、シミの原因になるのです。

シミの種類 シミができる原因 シミの治療メニュー

 

紫外線

肌に届く紫外線は「UV-A」「UV-B」の2つがありますが、それぞれ違ったダメージを肌に与えます。

波長の長いUV-Aは真皮まで届いて、コラーゲンやエラスチンを壊して、シワやたるみの原因になります。
一方、UV-Bは表皮にダメージを与えて日焼けやシミの原因になります。

UV-Aはガラス越しにもお肌に届きますし、曇りの日でも晴れの日の50〜80%も紫外線量があるので、油断せずにしっかり紫外線対策をしましょう。

紫外線の量は夏だけでなく、春先から高くなっています。春先は冬の乾燥で肌が弱っているところに急に紫外線が増えるので、特にダメージを受けやすく肌のトラブルが多くなります。

シミの改善や予防のためには、レーザー・光治療によるシミ除去とともに、肌の乾燥を防ぎ、肌の免疫力を高めるイオン導入や点滴などによる栄養補給も大切です。

女性ホルモンのバランス

女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)は、紫外線同様に刺激誘引物質として働き、メラニンを増加させます。妊娠中や出産後、更年期などは、女性ホルモンのバランスが崩れやすく、それにより一時的に黒色メラニンの生成が高まると考えられています。

炎症やニキビなどの肌トラブル

虫刺されや傷、ニキビなどにより肌に炎症が起きると、色素が沈着しシミとなります。また、過剰な摩擦はメラノサイトを刺激し、メラニンを生成しやすくします。

活性酸素

ストレスや喫煙、睡眠不足、紫外線や大気汚染などが原因となって発生する活性酸素は、メラノサイトを刺激して黒色メラニンの生成を促し、シミができることがあります。

内臓の機能低下

副腎皮質の機能低下や、肝臓や腎臓の機能障害などでも、シミができることがあります。
肝臓には、代謝機能と解毒作用の重要な働きがあります。肝機能が低下すると、黒色メラニンの活性化を防ぐグルタオチンの合成が抑制され、黒色メラニンが増えてしまいます。
栄養が隅々にまで行き渡らなくなり、新陳代謝も悪くなってメラニン色素が正常に排出されずにシミができやすくなります。

シミの種類 シミができるメカニズム シミの治療メニュー

 

 

美容医療先進国アメリカで「キング・オブ・レ―ザー」と呼ばれる、信頼性の高い医療機器です。従来のIPL機器の数倍の治療効果を有すると言われています。

治療困難とされてきた肝斑の最新治療。従来のQスイッチレーザーの1000分の1「ピコ秒」で照射されるため、通常のトーニングよりも安全で肌に優しく、より早く高い効果が期待できます。

Qスイッチレーザーの1000分の1「ピコ秒」の照射時間で肌へのダメージが圧倒的に少なく、色素沈着を作らず、より少ない回数で、より早くキレイに治療できます。

200ミクロンのドットを皮膚に形成してコラーゲン産生を促し、毛穴や小ジワなどダメージ肌の生まれ変わりを行います。従来機器よりダウンタイムが少なく、表皮へのダメージを最小限に抑えられた満足度の高い治療です。

特殊な電気のちからで美白・美肌成分を肌の深部まで浸透させて、シミ治療の治癒経過を助け、美白効果を高めます。肝斑やくすみの改善、シミ予防にも高い効果を発揮します。

高濃度の美白成分が全身に行き渡り、メラニンの産生を抑え、シミ・ソバカス、肝斑、くすみのない内側から透き通るような白い肌へ導きます。

シミの種類 シミができるメカニズム シミの治療メニュー