メディアージュクリニック
大阪梅田院
美容皮膚科|エイジマネジメント|ピル外来

ピコレーザートレーニング



ピコレーザートーニングとは

レーザートーニングは、シミやソバカス、肝斑を形成する黒色メラニンをレーザーの作用により破壊し、それらを貪食細胞等が肌から排出させることで、徐々にシミなどを薄くしていく治療です。
短期間(1~2週間隔)で繰り返し治療を行うと、メラノサイトを弱らせメラニン産生機能を低下させるため、肝斑のような通常のレーザー等で除去しにくい表皮性色素斑にも高い効果が期待できます。

ただ、従来のQスイッチレーザーを使用したレーザートーニングでは、5〜6回以上短期間で治療を繰り返すと、メラノサイトの機能低下が不可逆的となり、白斑形成を起こすリスクが上がります。
そのため、5〜6回短期間で連続治療した場合は、メラノサイトの機能低下が不可逆的にならないように6~8週程度治療を休む必要があります。

それに対し、ピコレーザーを使用したレーザートーニングは、このメラノサイトの機能低下作用が非常にマイルドであり、同時に黒色メラニンの破壊強度は数倍以上になるため、10回以上の短期間での治療反復でも白斑形成が起こりにくいため、結果として、従来のレーザートーニングよりピコレーザートーニングの方が短期間での治療効果が期待できます。
実際の治療としては10回連続して治療を行い、その後6~8週休む、これらの繰り返しとなります。

ピコレーザーのメカニズム



従来のレーザーでは、治療に痛みを感じることがありましたが、最新のピコレーザーは痛みがほとんど感じられないレベルまで制御されています。 ピコトーニングはダウンタイムがないので、治療直後からメイクや洗顔ができます。



このような症状の方にお勧めしています

・ シミ・ソバカス
・ くすみ
・ 色素沈着
・ 肌のハリ・キメ・弾力を取り戻したい

メディアージュクリニック大阪梅田院

0120-656-668

診療時間/10:00〜20:00〈完全予約制〉
休診日/なし
〒530-0002 
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-3-19 
北新地ビルディング6F

  • LINE
  • Instagram
アクセス
JR大阪駅桜橋口改札より徒歩6分
阪神梅田駅西改札より徒歩4分
地下鉄四ツ橋線西梅田駅南改札~
堂島地下センターC60出口を右側に出てすぐ

ご相談・ご予約は、こちらから承っております。10時〜20時まで、土・日・祝日も診療しています。【休診日なし】

TOP